【就労ビザ】在留資格の申請はいつからできる?

「在留資格認定証明書交付申請」「在留資格変更許可申請」「在留期間更新許可申請」はいつからできるかは、意外に奥が深い内容になっています。基本的には、就職先が確定し必要な書類が揃ったときから申請は可能です。働き始めることがで…

続きを読む

【事例解説】『高度専門職』はこんな人が要件を満たしやすい

在留資格『高度専門職』はポイント制によって審査がされる在留資格になります。ポイントを構成される要素は「年齢」「年収」「学歴」「職歴」などがあります。一見、高度な研究や技術開発をしている人のみに与えられる在留資格のようにも…

続きを読む

『高度専門職1号』の優遇ポイント!永住申請まで早いって本当??

『高度専門職1号』『高度専門職2号』の方は、他の在留資格と比較しても優遇されるポイントが多くあります。例えば、在留期間が「5年」が付与されることや、家族の在留について、また永住申請の要件が緩和されるといったことが挙げられ…

続きを読む

【就労ビザ】外国人の転職時・転職後の更新時の注意点は?

外国籍人材が転職する場合、在留資格変更許可申請が必要な場合とそうでない場合があります。在留資格(ビザ)の申請が必要な場合もそうでない場合も、業務内容が認められた活動の範囲内であるかどうかの確認をする必要があります。外国人…

続きを読む

「就労資格証明書」の取得のススメ ~どういった場合に取得すべきなのか~

業務内容が問題ないかを確認・提示するためのツールである「就労資格証明書」は、取得すべき場合と無くても問題が無い場合があります。特に『技術・人文知識・国際業務』の場合、転職をしても在留資格の変更申請なども必要ありません。し…

続きを読む

特定技能人材が転職したら手続きはどうしたらよい!?

特定技能人材は技能実習生と異なり転職が可能です。しかし、他の就労ビザと比較して手続きも多く、また、転職の都度在留資格の変更申請が必要になります。これらの手続きは怠ると、今後の特定技能人材の受入が出来なくなってしまう場合も…

続きを読む

【ケース別に解説】特定技能から技術・人文知識・国際業務への変更は可能か?

『特定技能』から『技術・人文知識・国際業務』への在留資格の変更は制度的には認められています。『特定技能』は最長5年の在留しか認められず先が無いと思われがちですが、両方の在留資格の要件を満たせば変更申請は可能です。これは転…

続きを読む

【理由書は必要?】『特定活動(46号・本邦大学卒業者)』の申請で必要な書類について

特定活動(46号・本邦大学卒業者)は日本の大学を卒業した外国人の就業支援を目的として作られた在留資格です。日本の大学を卒業した高い日本語能力を持つ人が、習得した知識や応用的能力のほか、留学生として経験を通じて得た高い日本…

続きを読む

【知っておきたい】外国籍従業員が結婚した場合に会社として対応することは?

従業員の結婚はとても喜ばしいことだと思います。外国籍の方の場合、母国同士の結婚の場合や日本人との結婚など様々です。国際結婚で気になるのがやはり在留資格(ビザ)のことではないでしょうか。その他にも扶養の問題など、おさえてお…

続きを読む

【許可を取る!】特定技能人材の給料の決め方について

特定技能の雇用条件を考える中で、頭を悩ませる要素の一つに「給料」の決め方があるのではないでしょうか。特定技能の運用要領などを読んでいても、同等のポジションの日本人と比較しながら決めなければならず、さらには「特定技能外国人…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可





    ※上記以外をご希望の場合は、ご相談下さい。

    ページトップへ戻る