特定技能・建設分野におけるJACとはどういう機関?

特定技能の建設分野において、特定技能人材を受け入れる場合には「JAC」という団体に直接的・間接的に加入をしなければなりません。JACは建設業における就労環境の悪習慣を改善し、特定技能人材に活躍してもらうために技能評価試験…

続きを読む

【これで分かる!】建設特定技能受入計画の申請準備について

建設業の特定技能は、申請までにしっかりとした準備が必要です。特に、技能実習生の失踪が目立つ建設分野では労働条件の改善に力を入れており、それが様々な仕組みとなって繁栄されています。建設業分野で特定技能人材を受け入れる場合、…

続きを読む

建設分野における技能実習から特定技能への移行職種について

建設分野では、技能実習制度での実習が行われています。建設業の場合は、関連した業務であれば技能実習2号を良好に修了した場合は特定技能への移行が可能です。また、業務内容が関連していない場合や、技能実習未経験の場合であっても技…

続きを読む

『特定技能』人材雇用にキャリアアップシステムの登録がなぜ必須なの!?

特定技能人材の雇用にキャリアアップシステムの登録が必要と聞いて、疑問に思われた事業者の方も多いのでは無いでしょうか。キャリアアップシステムの登録は『特定技能受入計画』を認定受けるために必要な要件になります。この『特定技能…

続きを読む

『特定技能』で従事可能な業務内容は何?

『特定技能』ではそれぞれの分野で従事可能な業務内容が決められています。この業務区分を超えて従事をさせる場合、「不法就労」に該当してしまう場合もあり慎重な判断が必要になります。本編では『特定技能』で従事可能な業務内容につい…

続きを読む

【徹底解説】『特定技能』で人材を雇用するための流れについて

『特定技能』には興味があるけれども、どうしたらよいか分からない。自分たちで手配・手続きが可能なものなのかの判断がつかない、という企業の方も多いのではないでしょうか。特定技能の雇用は、条件さえ整えば自社で採用活動を行い、雇…

続きを読む

特定技能人材の雇入れ後に届け出が必要な内容・書類について

特定技能では、在留資格(ビザ)の許可が無事におりて雇入れした後も、支援計画の実施や定期・随時の報告を入管にする必要があります。特に随時の報告については、変更があった日から14日以内と期限もタイトで、また報告すべき項目が多…

続きを読む

『特定技能』ってどんなビザ?ややこしい要件を分かりやすく解説!

woker 『特定技能』は2019年5月に新設された比較的新しい在留資格です。この在留資格は、日本で特に人手不足の著しい産業において一定水準以上の技能や知識を持つ外国人労働者を受け入れて、人手不足を解消するために作られたものです。『…

続きを読む

『特定活動(46号)』ってどんなビザ?『技術・人文知識・国際業務』との違いは何?

『特定活動(46号・本邦大学卒業者)』は2019年5月に新設された比較的新しい在留資格です。これは、日本の大学を卒業した高い日本語能力を持つ人が、習得した知識や応用的能力のほか、留学生として経験を通じて得た高い日本語能力…

続きを読む

【永住申請に影響する!?】『特定活動(46号)』のよくある質問について

『特定活動(46号・本邦大学卒業者)』は日本の大学を卒業し、高い日本語能力を持つ優秀な人材が取得可能な在留資格です。他の在留資格よりも業務内容に柔軟性があり、総合職採用向きの在留資格である一方で「特定活動」のイメージから…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可





    ※上記以外をご希望の場合は、ご相談下さい。

    ページトップへ戻る