特定技能における【支援計画】って何?誰が何をするもの?

特定技能人材で受け入れる人材は日本での滞在は5年間と限定的であり、海外から多くの人材を受け入れることを予定されていることから、日本での生活を全面的にサポートをする必要があります。そのサポートをするためのツールが『支援計画…

続きを読む

『支援計画』は誰が実施できる?適任者がいない場合はどうすればよい?

特定技能人材を受け入れる際には『支援計画』を実施し、外国人の生活を公私の面からサポートする必要があります。この『支援計画』は支援責任者と支援担当者が行いますが、誰にでもなることができるものではありません。自社支援が可能か…

続きを読む

【2022年5月統合】「素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業」分野で特定技能人材を雇用するまでの流れとビザ申請について

金属加工や電子加工品を扱う「素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業」では、著しい人手不足に陥っています。この分野では、従来は技能実習生が活躍している分野でしたが、2019年5月に創設された「特定技能」でも受入れが可能と…

続きを読む

【特定技能1号】造船業の人材不足を解消する外国人のビザの要件・手続きについて

造船業では人材不足が著しくなっています。これは、国内の労働人口減少によるものが原因で今後改善する見込みはありません。このような背景の中、特定技能人材を雇用することを検討されている企業も多いのではないでしょうか。特定技能は…

続きを読む

【自動車整分野】自動車整備士の特定技能ビザの要件は?ほかの在留資格との違いは?

特定技能1号人材を、自動車整備士分野で雇用するためにはビザの要件や手続きをしなくてはなりません。特定技能ビザは確認すべき内容や必要になる書類、手続きが複雑です。また、支援計画の策定やサポート体制の構築など、ビザの申請前に…

続きを読む

【特定技能】漁業・養殖業で外国人を雇用するためのポイント・ビザ申請について

漁業・養殖業では外国人を特定技能で雇用することが可能です。特定技能は、人手不足の著しい分野でのみ外国籍人材の雇用が可能な制度です。漁業・養殖業では今までは就労ビザでの外国人雇用は難しかったですが、特定技能であれば雇用が可…

続きを読む

【農業で外国人雇用】農業分野で特定技能人材を雇用するまでの流れ・ビザ申請について

農業分野では特定技能人材として外国人を雇用することが可能です。特定技能人材を受け入れるためには、様々な要件を満たす必要がありますが、一度受け入れ態勢化確立できれば人手不足の著しい農業分野では大きな戦力になること間違いあり…

続きを読む

【申請のタイミングと注意点】海外の人材を日本で雇用するためのビザ申請について

海外にいる人材を雇用をして日本で仕事(報酬を得る活動)をさせるためには、就労ビザを取得する必要があります。海外にいる人材の場合、雇用をする企業が「代理人」として招聘する手続きを行うことができます。これを「在留資格認定証明…

続きを読む

【ビザの変更方法】就労ビザはどうやって取得すればよい!?

留学ビザから就労ビザへ変更する際には「在留資格変更許可申請」と呼ばれる手続きを行います。就労ビザの中にも様々な種類があり、業務内容が大きく変わる際には在留資格の変更が生じる場合もあります。外国人は、日本で働く場合には適切…

続きを読む

【就労ビザ】在留期間の更新手続きについて~理由書は必要?不許可になることはある!?~

在留期間は満了日までに「在留期間更新許可申請」を行う必要があります。その際に、初めて入国した際や留学や他の在留資格で行った手続きの違いや不許可の可能性について気になるところだと思います。本編では、主に在留資格『技術・人文…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可





    ※上記以外をご希望の場合は、ご相談下さい。

    ページトップへ戻る