在留資格(ビザ)の申請時の押印が不要になったけれども、その申請本当に大丈夫!?

政府の方針で行政手続きの多くの書類の「押印」が不要になりつつあります。在留資格(ビザ)の申請手続きも同じで2020年12月に押印が不要となりました。場合によっては、申請人(外国人)本人のみで在留資格の申請が完結することも…

続きを読む

在留資格(ビザ)申請に関する法律違反について

「不法就労」「虚偽申請」「資格外活動罪」、外国人の在留申請に関わったことのある方であれば一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。外国人の在留資格(ビザ)の申請は正しく行わなければ、知らず知らずのうちに犯罪に巻き込ま…

続きを読む

就労ビザ申請で不許可になった場合のベストな対応方法とは?

就労ビザを初めて取得する場合は、内定出しの後に在留資格の申請を行います。実際の就業については、申請の結果が出てからになります。また、就労ビザには在留期間があるため、期限到来前に更新申請をしなければなりません。この申請は、…

続きを読む

特定技能1号評価試験情報(2021年6月14日現在)

2021年6月9日現在に発表されている特定技能1号評価試験、日本語能力試験の情報についてまとめました。 1.特定技能人材に求められる技能レベルについて 『特定技能』受入可能かどうかの判断基準について 特定技能は、以下の大…

続きを読む

特定技能1号評価試験情報(2021年5月10日現在)

2021年5月10日現在に発表されている特定技能1号評価試験、日本語能力試験の情報についてまとめました。 1.特定技能人材に求められる技能レベルについて 『特定技能』受入可能かどうかの判断基準について 特定技能は、以下の…

続きを読む

ビザ申請における企業の「カテゴリー」て何?「カテゴリー」で何が変わる?

category 『技術・人文知識・国際業務』『企業内転勤』『経営・管理』ビザなど、申請の際に「カテゴリー」が影響するビザもあります。カテゴリーは企業の規模等を示すものであり、所属機関の形態や「給与所得の源泉徴収票合計表の源泉徴収税額」で…

続きを読む

ビザってそもそも何!? ~日本に滞在するための基礎知識~

passport 外国籍の方の日本の在留には「ビザ」が必要ですが、そもそも「ビザ」って何なのでしょうか。日本で適切に在留するためには「査証」と「在留資格」が必要で、これらを合わせて「ビザ」と呼ばれることが多くなっています。本編では日本の在…

続きを読む

外国人雇用のポイント ~就労ビザについて~

work 初めての外国人雇用を行う場合、やはり外国人のみに適用される法律についてが気になるのではないでしょうか。特に気になるのは「在留資格(ビザ)」の問題かと思います。本編では、外国人雇用に関するビザの手続きについて、また雇用後の…

続きを読む

外国籍の留学生を新卒採用する際のポイント~在留資格編~

shinsotsu 最近では、日本の労働人口が減少し、一方で30万人を超える留学生が日本で勉強をしており、外国人留学生からの応募も増えているのではないでしょうか。留学生の中には、母国のトップ大学を卒業しているにもかかわらず母国に就職がないた…

続きを読む

【産業別に解説】特定技能人材を受入可能な事業所について

特定技能人材は、従事させられる業務内容が該当していても当然に在留資格を取得できるものではありません。従事可能な業務内容をさせてもよい事業所であるかどうかの確認は必要です。ただし、14分野で統一的な決まりがあるわけではなく…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ページトップへ戻る