外国人労働者が失踪したら特定技能人材は雇用できない!?

特定技能人材を雇用するための条件に、「事業者の責任で失踪者・行方不明者を出していない」ということがあります。これは受入前1年間、受入中も継続する条件・満たし続けなければならない条件となります。ニュースでも多くみられるよう…

続きを読む

【雇用主に係る要件】特定技能人材を雇用する場合に遵守が必要な法令と欠格要件について

特定技能を雇用する企業は、「労働に関する法令」「社会保険に関する法令」「租税に関する法令」を遵守していなければなりません。といっても、具体的に何をすればよいのか分かりにくい部分だと思います。本編では、守るべき法令と具体的…

続きを読む

特定技能人材の派遣は可能?受入可能な業種・職種について

特定技能では農業分野と漁業分野のみで派遣形態が認められております。派遣元は特定技能制度を適切に運用しつつ労働者派遣法も遵守することが求められ、派遣先にも特定技能人材を受け入れるために満たさなければならない要件があります。…

続きを読む

【海外から日本に転勤】海外の関連会社の社員が取得できる在留資格(ビザ)について

海外の本社・支社・関連会社から日本の本社・支社 ・関連会社へ転勤をする場合、「企業内転勤」という在留資格(ビザ)を取得します。海外からの転勤であれば誰でもどのような業務内容であっても取得できるという訳ではなく、一定の要件…

続きを読む

【取締役、部長クラス】外国人管理者が取得する在留資格「経営・管理」について?

外国人管理者を取締役や支店長・部長クラスで雇用や契約をする場合は、経営・管理ビザの取得を検討します。在留資格「経営・管理」では、「経営」や「管理」の業務量や組織の大きさが非常に重要になってきます。例えば「取締役」や「支店…

続きを読む

海外の大学生をインターンシップで受け入れるためのビザ申請について

海外の大学の学生をインターンシップで受け入れることが可能です。この場合、在留資格『特定活動(9号・インターンシップ)』を活用することになります。インターンシップは外国人雇用の入り口となりつつある一方で、意外にルールや要件…

続きを読む

【外国籍人材】ソムリエを雇用するための要件とビザ申請について

ワイン鑑定を行うソムリエは、在留資格『技能』を取得することで、日本で働くことができます。在留資格『技能』は熟練した人材のみが取得できる在留資格であり、実務経験や公的な資格・コンクールの出場・受賞経験などが求められます。特…

続きを読む

【詳細解説】料理人を雇用するための要件とビザ申請について

中華やフレンチ、インド料理など、各国の伝統料理の料理人は、在留資格『技能』を取得することで日本で働くことができます。在留資格『技能』は 外国に特有の産業分類、外国の技能レベルが日本よりも高い産業分類での熟練技能者が取得で…

続きを読む

【ビザ専門の行政書士が解説】調理・製菓の専門学校卒業生を飲食店・ホテル等で雇用する方法

専門学校や大学で調理や製菓を学んだ外国人留学生は、引き続き日本の飲食店等で実習・就業をすることができます。本来、料理人として就職するためには在留資格「技能」を取得しなくてはならず、この要件として10年以上のコックとしての…

続きを読む

特定技能1号の通算在留期間の計算方法について~いつから、どの期間が対象になる?~

在留資格「特定技能1号」では最大で「5年間」働くことができます。この「5年間」には失業中や休暇のための帰国期間も含まれることはご存じでしょうか?実際には就業していない期間でも「5年間」に含まれるルールがあります。本編では…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可





    ※上記以外をご希望の場合は、ご相談下さい。

    ページトップへ戻る