特定技能人材が転職したら手続きはどうしたらよい!?

特定技能人材は技能実習生と異なり転職が可能です。しかし、他の就労ビザと比較して手続きも多く、また、転職の都度在留資格の変更申請が必要になります。これらの手続きは怠ると、今後の特定技能人材の受入が出来なくなってしまう場合も…

続きを読む

【ケース別に解説】特定技能から技術・人文知識・国際業務への変更は可能か?

『特定技能』から『技術・人文知識・国際業務』への在留資格の変更は制度的には認められています。『特定技能』は最長5年の在留しか認められず先が無いと思われがちですが、両方の在留資格の要件を満たせば変更申請は可能です。これは転…

続きを読む

【許可を取る!】特定技能人材の給料の決め方について

特定技能の雇用条件を考える中で、頭を悩ませる要素の一つに「給料」の決め方があるのではないでしょうか。特定技能の運用要領などを読んでいても、同等のポジションの日本人と比較しながら決めなければならず、さらには「特定技能外国人…

続きを読む

【特定技能】「非自発的離職者」とはどんなケース?

特定技能人材を雇い入れる際に、雇用側に求められる要件の一つに「1年以内に特定技能人材と同ポジションで非自発的離職者を発生させていない」ということが求められます。従業員を雇用しているとどうしても様々な理由で退職していきます…

続きを読む

【産業別に解説】特定技能人材を受入可能な事業所について

特定技能人材は、従事させられる業務内容が該当していても当然に在留資格を取得できるものではありません。従事可能な業務内容をさせてもよい事業所であるかどうかの確認は必要です。ただし、14分野で統一的な決まりがあるわけではなく…

続きを読む

特定技能人材を受け入れる事業所が満たすべき事項について

特定技能外国人を雇い入れる上で、事業所が満たすべき事項が多くあります。これは、特定の産業分野に属しているかどうかだけではなく、法令順守などに関する所謂「欠格要件」に事項になります。この要件は、受入前だけでなく受入後も継続…

続きを読む

特定技能における【支援計画】って何?誰が何をするもの?

特定技能人材で受け入れる人材は日本での滞在は5年間と限定的であり、海外から多くの人材を受け入れることを予定されていることから、日本での生活を全面的にサポートをする必要があります。そのサポートをするためのツールが『支援計画…

続きを読む

『支援計画』は誰が実施できる?適任者がいない場合はどうすればよい?

特定技能人材を受け入れる際には『支援計画』を実施し、外国人の生活を公私の面からサポートする必要があります。この『支援計画』は支援責任者と支援担当者が行いますが、誰にでもなることができるものではありません。自社支援が可能か…

続きを読む

建設業・特定技能の給料は月給でなければならない!?

建設業において特定技能人材を受け入れるためには、『特定技能受入計画』の認定を受ける必要があります。この受入計画に定められているポイントの一つに報酬のことがあります。建設業における特定技能人材は、日本人と同等以上の報酬を受…

続きを読む

特定技能・建設分野におけるFITSによる巡回指導とは?

特定技能の建設分野では、他の分野と比較し独自の仕組みが多くなっています。そのうちの1つが一般財団法人国際建設技能振興機構(通称:FITS)の存在です。特定技能人材を受け入れる場合には、FITSによる巡回や受入後の講習の受…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ページトップへ戻る