特定技能・建設分野におけるJACとはどういう機関?

特定技能の建設分野において、特定技能人材を受け入れる場合には「JAC」という団体に直接的・間接的に加入をしなければなりません。JACは建設業における就労環境の悪習慣を改善し、特定技能人材に活躍してもらうために技能評価試験…

続きを読む

特定技能・建設分野におけるFITSによる巡回指導とは?

特定技能の建設分野では、他の分野と比較し独自の仕組みが多くなっています。そのうちの1つが一般財団法人国際建設技能振興機構(通称:FITS)の存在です。特定技能人材を受け入れる場合には、FITSによる巡回や受入後の講習の受…

続きを読む

建設分野における技能実習から特定技能への移行職種について

建設分野では、技能実習制度での実習が行われています。建設業の場合は、関連した業務であれば技能実習2号を良好に修了した場合は特定技能への移行が可能です。また、業務内容が関連していない場合や、技能実習未経験の場合であっても技…

続きを読む

『特定技能』人材雇用にキャリアアップシステムの登録がなぜ必須なの!?

特定技能人材の雇用にキャリアアップシステムの登録が必要と聞いて、疑問に思われた事業者の方も多いのでは無いでしょうか。キャリアアップシステムの登録は『特定技能受入計画』を認定受けるために必要な要件になります。この『特定技能…

続きを読む

【在留期限間近!】特定技能ビザの準備が間に合わないときに取るべき方法

在留資格『特定技能1号』は他の就労ビザと比較して申請までの準備に時間がかかります。特に、建設分野と製造3分野 (「素形材産業」「産業機械製造業」「電気・電子情報関連産業」 )は申請までに在留期限が到来してしまうという場合…

続きを読む

特定技能人材の雇入れ後に届け出が必要な内容・書類について

特定技能では、在留資格(ビザ)の許可が無事におりて雇入れした後も、支援計画の実施や定期・随時の報告を入管にする必要があります。特に随時の報告については、変更があった日から14日以内と期限もタイトで、また報告すべき項目が多…

続きを読む

特定技能人材が転職したら手続きはどうしたらよい!?

特定技能人材は技能実習生と異なり転職が可能です。しかし、他の就労ビザと比較して手続きも多く、また、転職の都度在留資格の変更申請が必要になります。これらの手続きは怠ると、今後の特定技能人材の受入が出来なくなってしまう場合も…

続きを読む

【ケース別に解説】特定技能から技術・人文知識・国際業務への変更は可能か?

『特定技能』から『技術・人文知識・国際業務』への在留資格の変更は制度的には認められています。『特定技能』は最長5年の在留しか認められず先が無いと思われがちですが、両方の在留資格の要件を満たせば変更申請は可能です。これは転…

続きを読む

就労ビザの申請代行や外国人雇用でお困りの方、ご相談下さい。

当事務所は、出入国在留管理庁(入管)に対する、海外在住者の招へいのための手続きや、国内在留者の就労ビザへの変更の申請代行を行なっております。初回相談無料。

お問い合わせには1営業日以内に回答致します。

  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は基本無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
  • お問合せ時の注意点
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可





    ※上記以外をご希望の場合は、ご相談下さい。

    ページトップへ戻る