【宿泊業を例に解説】「就労ビザ」の考え方・選び方について

人材を採用には柄や能力、社風適合性には着目しますが、外国人を雇用する場合にはまずは「在留資格」に着目しなければなりません。日本人や身分系の在留資格を持つ外国人の場合は、「人物」に着目する採用方法で間違いありませんが、外国…

続きを読む

【ビザ専門行政書士が解説】外国人美容師の就労が可能になります

今まで外国人美容師は就労ビザでの就労はできませんでしたが、2021年より外国人美容師育成事業が始まり、美容師としての就労が可能となります。5年間で日本のヘアカットや美容について学び、実務を習得し将来的には海外でその経験を…

続きを読む

【介護業界必見】外国人を介護職員を雇用するための在留資格(ビザ)の比較と検討について

kaigo 介護業界において、今、外国人人材は貴重な戦力となりつつあります。介護業界は慢性的な人手不足に陥っています。高齢化社会=労働人口の減少により、介護施設が増える一方で働く人材が確保できない状況が続いています。このような背景か…

続きを読む

【建設業】ワーカーと技術者で外国人材の在留資格(ビザ)はどう異なる!?

建設分野で雇用できる在留資格は『技術・人文知識・国際業務』か『特定技能』か?法的に問題がない方法で簡単な方法を選択したいけれども、何を基準に選べばいいの?と疑問に思われる企業はたくさんあります。本編では実際にはどのように…

続きを読む

食品製造業で外国人材を採用する場合の在留資格について

factory 在留資格『特定技能』が2019年5月に始まってから、食品製造業における外国人材の採用はますます増えています。もともと技能実習生を労働力としてとらえ活用していた事例が多かったこともあり、比較的受け入れ準備も進んでいる業種で…

続きを読む

宿泊業で外国人フロントスタッフを採用時の在留資格の手続きについて

外国人観光客の増加に伴い外国人フロントスタッフのニーズは年々上がっています。加えて、宿泊業は慢性的な人手不足なのも事実です。宿泊業で外国籍スタッフを採用する際に、すべての業務を常に行わせてよいわけではありません。本編では…

続きを読む

【徹底解説!】外食業で外国人材を社員としてこようする場合のポイントとビザの選び方

人手不足が著しい外食業では、店舗をオープンできるだけの人員が集まらず、やむを得ず休業せざるを得ない店舗も出てきているのも現実です。以前のように正社員で募集をかけてもなかなか応募がない一方で、外国籍のアルバイトが顕著に増え…

続きを読む

【外国人ITエンジニアの採用】成功させるために必要なポイントと手続きは何?

ITツールの普及・技術の日々の進歩に伴い、日本は著しいITエンジニア人材不足に陥っています。加えて、日本の労働人口はこれからますます減っていくことは明確であり、黙って待っていてもこの状況が改善することはありません。一方で…

続きを読む

就労ビザの申請代行や外国人雇用でお困りの方、ご相談下さい。

当事務所は、出入国在留管理庁(入管)に対する、海外在住者の招へいのための手続きや、国内在留者の就労ビザへの変更の申請代行を行なっております。初回相談無料。

お問い合わせには1営業日以内に回答致します。

  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は基本無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
  • お問合せ時の注意点
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可





    ※上記以外をご希望の場合は、ご相談下さい。

    ページトップへ戻る