【行政書士が解説】外国人留学生をアルバイト採用する際の注意点

外国人を採用する際には、やはり気になるのが在留資格(ビザ)のことだと思います。留学生アルバイトの場合適法に雇うためにはルールがあります。留学生アルバイトには、就業場所や就業時間に制限があります。また、雇用する側も「知らな…

続きを読む

外国人従業員の給料ってどのように決めればよい!?

「外国人は最低賃金で雇える!?」というのは誤りです。外国人を雇用する場合でも、(日本で働く場合は)日本人と同様に労働に関する法律を遵守しなければなりません。基本的には「日本人と同等以上の給料」である必要があります。本編で…

続きを読む

在留カードの見るべきポイント・偽装カードを見分けるためのアプリの使い方の紹介

日本に3か月以上滞在する外国人には「在留カード」が発行されます。この在留カードには、在留目的や在留期限、また就労ができるかどうかが書かれています。外国人を雇用する際には、面接時に必ず在留カードを確認し雇入れても問題ないか…

続きを読む

【本当に週28時間!?】資格外活動許可の注意点について

よく聞く留学生アルバイトの「週28時間」ルール。正しい内容を把握されていますか?「資格外活動許可」を取っていても当然に「週28時間」の労働が認められる訳ではありません。また、誰しもが「資格外活動許可」を得られる訳でもあり…

続きを読む

【外国籍でも加入は必須!】在留資格別に社会保険の加入ついて解説

外国人を社員として雇用した場合には、適用事業の場合には社会保険(健康保険・厚生年金)の被保険者になります。外国人雇用と言えども、手続きは基本的には日本人と同じです。とは言え特に年金に関して言えば、一生日本で生活する保障も…

続きを読む

【加入していますか?】労働保険は国籍を問わずの共通ルールです

外国人を社員として雇用した場合には、適用事業の場合には外国人従業の方も労働保険(労災保険・雇用保険)の被保険者になります。外国人雇用と言えども、手続きは基本的には日本人と同じです。適用事業所で雇用する場合には加入の手続き…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ページトップへ戻る