【詳細解説】料理人を雇用するための要件とビザ申請について

中華やフレンチ、インド料理など、各国の伝統料理の料理人は、在留資格『技能』を取得することで日本で働くことができます。在留資格『技能』は 外国に特有の産業分類、外国の技能レベルが日本よりも高い産業分類での熟練技能者が取得で…

続きを読む

【ビザ専門の行政書士が解説】調理・製菓の専門学校卒業生を飲食店・ホテル等で雇用する方法

専門学校や大学で調理や製菓を学んだ外国人留学生は、引き続き日本の飲食店等で実習・就業をすることができます。本来、料理人として就職するためには在留資格「技能」を取得しなくてはならず、この要件として10年以上のコックとしての…

続きを読む

【産業別に解説】特定技能人材を雇用可能な事業所はどんな業種?必要な許可・認可証はある?

特定技能人材は、従事させられる業務内容が該当していても当然に在留資格を取得できるものではありません。従事可能な業務内容をさせてもよい事業所であるかどうかの確認は必要です。ただし、14分野で統一的な決まりがあるわけではなく…

続きを読む

『特定技能』で従事可能な業務内容は何?

『特定技能』ではそれぞれの分野で従事可能な業務内容が決められています。この業務区分を超えて従事をさせる場合、「不法就労」に該当してしまう場合もあり慎重な判断が必要になります。本編では『特定技能』で従事可能な業務内容につい…

続きを読む

【外国人雇用】自己都合退職と退職時の手続きについて

外国人が「自己都合」で退職する場合の手続きや外国人ならではの特徴やルールは気になるところだと思います。退職する人材に対するフォローは必要最低限に抑えたいという気持ちもよく理解できます。本章では、外国籍従業員が自己都合退職…

続きを読む

【許可を取る!】特定技能人材の給料の決め方について

特定技能の雇用条件を考える中で、頭を悩ませる要素の一つに「給料」の決め方があるのではないでしょうか。特定技能の運用要領などを読んでいても、同等のポジションの日本人と比較しながら決めなければならず、さらには「特定技能外国人…

続きを読む

【雇用主に係る要件】特定技能人材を雇用する場合に遵守が必要な法令と欠格要件について

特定技能を雇用する企業は、「労働に関する法令」「社会保険に関する法令」「租税に関する法令」を遵守していなければなりません。といっても、具体的に何をすればよいのか分かりにくい部分だと思います。本編では、守るべき法令と具体的…

続きを読む

外国人労働者が失踪したら特定技能人材は雇用できない!?

特定技能人材を雇用するための条件に、「事業者の責任で失踪者・行方不明者を出していない」ということがあります。これは受入前1年間、受入中も継続する条件・満たし続けなければならない条件となります。ニュースでも多くみられるよう…

続きを読む

【特定技能】「非自発的離職者」とはどんなケース?

特定技能人材を雇い入れる際に、雇用側に求められる要件の一つに「1年以内に特定技能人材と同ポジションで非自発的離職者を発生させていない」ということが求められます。従業員を雇用しているとどうしても様々な理由で退職していきます…

続きを読む

特定技能人材の派遣は可能?受入可能な業種・職種について

特定技能では農業分野と漁業分野のみで派遣形態が認められております。派遣元は特定技能制度を適切に運用しつつ労働者派遣法も遵守することが求められ、派遣先にも特定技能人材を受け入れるために満たさなければならない要件があります。…

続きを読む

ビザや特定技能、外国人雇用に関するお問い合わせ
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可





    ※上記以外をご希望の場合は、ご相談下さい。

    ページトップへ戻る